盗聴器発見/盗撮検査

盗聴器発見

盗聴器発見

盗聴器は誰でも簡単に手に入る時代になりました。

弊社では、勤務先は自宅(マンション・一戸建て住宅)の各部屋、電話機や電話回線上に仕掛けられた盗聴器の発見調査と撤去いたします。

また、盗聴器が仕掛けられた原因、因果関係などの調査も行っております。賃貸マンションなどは、前の住人が仕掛けられたまま分からずに引っ越してしまったり、わざと仕掛けたまま放置していたりすることもあります。

盗聴器の種類は大まかに分けて二種類です。直接コンセントや電線から電気を引いて取り付けるタイプと、電池式のタイプがあります。電池式ですと数日しか持たないことから頻繁に部屋へ出入りする人物しか取り付ける事しか出来ません。しかし、電源を引くタイプは24時間電波を発信しているため、24時間監視されています。

盗撮検査

盗撮検査

盗撮は、何を目的として盗撮するのか?盗撮目的は男性が女性の部屋や会社の更衣室、トイレなどに小型カメラを仕掛けたり、駅や階段、本屋などで携帯電話のカメラ機能を使って盗撮したりと様々ですが、時々、靴の中に小さなカメラを仕込んで盗撮が見抜かれ警察沙汰になるケースがあります。

盗撮機材は誰でも買える時代です。インターネットで買えたり東京なら秋葉原の電気店や大阪の恵美須町等の量販店でも簡単に手に入ります。

盗撮カメラも年々小型化されたり、何かに化けさせたりと様々な代物が出回っております。目視では中々見つけ難く、発見することが困難です。

盗聴器発見

部屋に取り付けられた盗聴器

一人暮らしのマンションの部屋に取り付けられた盗聴器。延長コード式の盗聴器で、ベットの下に取り付けられていた。

盗撮検査

更衣室に取り付けられた盗撮器

会社の女子更衣室に取り付けられていた盗撮カメラ。天井の小さな穴から数ミリのカメラレンズを取り付け、車内で盗撮していた。

盗聴盗撮検査

オフィスに仕掛けられた盗聴器

会社のオフィスに取り付けられていた盗聴器は、携帯電話を利用した盗聴器で、全国どこからでも盗聴可能な代物であった。

この様なことはありませんか!?

盗聴器発見調査や盗撮検査をご依頼される方に見られる特徴

※ 自宅に帰ると決まって同じ音がする 盗聴盗撮器
※ 自分しか知らない会話を他の人が知っている
※ 電話にノイズが入る
※ 無言電話がかかる
※ 外に出ると同じ人や車が付いてくる
※ 集団で尾行されているような気がする
※ 泥棒に入られたことがある
※ 別れた彼が盗聴器を仕掛けたかも知れない
※ 誰かが部屋に入った形跡がある
※ 誰かに監視されたり部屋の中を覗かれているような気がする
※ インターホンが鳴っても誰もいない
※ ストーカー行為を受けている


自分に限ってと思っていた方は多数いらっしゃいますが、現在道路を走っていれば次々と別の盗聴電波が入ってきます。それほど盗聴電波が飛び交っているのです。少しでも不審なことがあれば、当社にご相談下さい。

盗聴器・盗撮検査の相談事例と調査結果

離婚調停中の主婦35歳Aさんからの盗聴器発見依頼

夫との離婚調停中で、離婚を有利に進めようとする夫から室内や携帯電話が盗聴されているのではないかと不安になり調査依頼された。

※調査結果

依頼人である主婦のAさんは、夫の不倫が原因で離婚を決意し、離婚調停を申し立てた。
夫には財産があり、妻であるAさんには出来るだけお金や財産を渡したくなく、妻の行動や相談内容が知りたいという気持ちが働き、妻のAさんを監視するようになった。

Aさんの部屋とリビング、トイレから盗聴器が見つかり、携帯電話には位置情報と会話が聞き取れるアプリが仕込まれていた。
盗聴盗撮アプリ

今すぐキャンペーン価格で注文する

                                                                          ページのトップへ戻る